自分が発信するSNSで注意していること

SNSと一言で言っても広いです。

自分が発信するSNSで注意していること

SNSと一言で言っても広いです

SNSと一言で言っても広いです。

特定のソーシャルサイトでなくとも、自分が発信し、誰かが閲覧しているなら、それも立派なSNSと言えるのではないでしょうか。ブログが一番身近なSNSだという人もいるでしょうし、TwitterやMixiなど自分との相性を考えて、居場所を選ぶことが大事かなと思います。
登録したけれどその後放置、というサイトも多い人もいるかもしれません。発信する側も、受け手(読者)側も、ネット上とは言え一般常識さえあれば、そうそうトラブルに巻き込まれることも少ないはずです。

けれど、広いネット世界では、時々想像もつかない非常識さに出会うこともあり、「この人は本当に大人なのだろうか。社会人なのだろうか」と目を白黒させることもしばしばです。
初対面の挨拶ですらまともにできない人も多いので、管理人という名の発信者になってみて、初めて気づくことも多いです。

手紙を書く時のことを考えてみてください。初対面の人を相手に、宛名なし・用件のみということはあり得ません。ビジネスメール以前の問題です。
ネット特有の言語を使うのも考えものです。
最初はやはり、まともな日本語で挨拶するのが常識だと思うのですが、「通りすがり(匿名)感覚」で書き込む人は、マナーがなっていない人が大半という印象です。

最初から常連になる気がないからなのでしょうが、見ていて気持ちいいのは、やはり常識的な文章、マナーを守っている人です。
Copyright (C)2017自分が発信するSNSで注意していること.All rights reserved.